不眠症の症状と原因は?

不眠症は寝ようと思って布団に入ってもなかなか寝付かれなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまう、また寝つけてもいつも朝早く起きてしまうなどの症状を言います。
眠れないということは、身体の疲れが回復することができず、常に身体に疲れが残り、眠くてだるく、また集中力などもなくなっていきます。
そのうちめまいや頭痛、肩こりや動悸なども起こってしまい精神的にもまいってしまいます。
このような症状で悩んでいるのであれば、まずはどうして自分が不眠になってしまうのか知る必要があります。
まず原因の一つにストレスがあります。
気がかりになることがあったり、悩み事があると眠れなくなってしまうことがあります。
考えすぎることによって症状が悪化してしまうのでストレスはためこまず解消する必要があります。
また昼と夜が逆転する仕事の人にも多いようです。
夜勤と日勤がある看護師や工場勤務の方などは上手くリズムをつかむことが出来ず眠れなくなってしまうこともあるのです。
看護師転職サイトランキング